忍者ブログ
  • 2020.04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2020.06
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/05/29 01:06 】 |
モロ+オブリのマイ主人公について書く
たたむ
-オブリビオン

インペリアル子さん:
名前は「Melinderhod」。盗賊座生まれのバード。
監獄に入れられる以前の記憶をもたず、囚人としての記録もなく、帝国で生活していた痕跡もない。
にもかかわらずどこからみてもハートランド系帝国人のイントネーションで発声する。
ナチュラルボーン御伽噺の人物。打ち砕かれたロルカーンの魂を宿す空虚な存在。或いは英雄という概念。プレイヤーの駒。
請われるまま無節操にありとあらゆる問題を解決し、あるいは問題のタネを仕込んだ後忽然と姿を消した。
シヴァリングアイルズに渡り、シェオゴラスという地位を得た後、段々彼女でなくシェオゴラスになったとか。


吸血ダークエルフさん:
名前は「Fromier」。コロヴィアの山奥出身。精霊座生まれのNightblade。
父親はブレトン、母親はモロウィンド系ダークエルフ。
ブレトン風の温和そうな丸顔に青白い肌だが、ダークエルフ。
吸血鬼になってからはダークエルフ的な風貌に近づいている。
Dunmer Temple信仰者の母親からNightbladeとしての修練を受けたが、薬漬けになるのがイヤで魔法には余り頼らない。
父親が死に、母親が再婚したのを期に一人立ちしたが、些細な勘違いでムショ送り。
基本的には善良なのだが、ダークエルフ式教育のせいで善悪の観念がアレ。
趣味は狩猟・遠駆け・宝石収集・紙類の収集・マッピング。
ひょんなことから人を殺してしまい、そのあとずるずると暗殺者への道を歩み、Sithisに帰依している。
吸血鬼だし闇兄弟だしで母親に顔向けできないことを沢山しているのが何より心苦しい。
アークエンとは常時冷戦状態。そして新入りのブレトン女性とは愛人関係。
悪夢による不眠が悩み。

-モロウィンド
あうとだんまーさん:
名前はLlewella。淑女座のNightblade。
コロール出身の身よりなきダークエルフであり、色仕掛けと盗賊稼業で生きぬいてきた。
やや男性的な容貌にスレンダーな体つきの持ち主。
ある日誤って「殺して奪う」という行為をやってしまった上、余罪がボロボロだったので死罪になるところが、なぜか国外追放で済んだ。
逆恨みもあって帝国が嫌いらしく、最低限以上に借りを返す気はないらしい。
根っからのアウトローであり、バレなければ味方からも平気で盗む。
一番マシそう、という理由で所属したHlaaluの「組織的な策略」に魅せられている。
不法侵入と錬金術、Vivecにあるカジートの本屋を充実させるのが目下の趣味。

予言を成就する過程でまともなダークエルフで無くなったことがショックで悲しげな目をするようになってしまった。
Templeの思想に共感し、Vivecの人柄に好意を抱いているため、
間接的に彼らに引導を渡した事を申し訳なく思っていると同時に、少しでも彼らの変わりになろうと心に決めている。

PR
【2012/05/23 20:55 】 | TES | 有り難いご意見(0)
<<塔は、まだまだ続く。 | ホーム | PBWのキャラをTES世界にコンバートしてみよう>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>