忍者ブログ
  • 2020.04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2020.06
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/05/29 00:45 】 |
『魔物になった王子様の話』
むかし、ある一人の王子様が居ました。
王子様はまばゆい金色の髪に湖のような青い瞳、そしてなにより優しく暖かい心をもち、民衆からもコボルドからも慕われていました。
平和な国であれば王子様は幸せに暮らしたのでしょう、しかしこの国は妖魔との戦のただなか。戦っては傷つく兵はあとを立ちません。

どうにかこの国を平和にできないか考え、王子様は王に命じられ、三人の良い魔女を訪ねることにしました。
まず王子は毛並みのいい白い馬にくらをかけて旅をはじめました。

一人目の魔女は街に棲む魔女。魔女は王子にマントを求めました。王子がマントを渡すと、魔女は飛竜を乗りこなす術を授けました。

二人目の魔女は谷に棲む魔女。魔女は王子に馬を求めました。
これを渋々認めると、魔女は鋭い銀の槍を沢山用立てて届けました。

三人目の魔女は森に棲む魔女。魔女は王子に国を統べる証の剣を求めました。しかしこれは父王が神様から貰った大切なものです。
流石の王子も受け入れられず、変わりにほこらに魔女を住まわせます。
魔女はそれで満足したようにほこらに住まい、神に仕えることになりました。
魔女はかわりに癒しの泉のありかを伝え、女神との間を取り持ちました。

王子は三つの貢物を持ち帰り、兵へと分け与えます。
なるほど今までの劣勢が嘘の様に妖魔を蹴散らしはじめました。
それでも夫を亡くして嘆く寡婦はひっきりなしです。

「どうにか悲しむ人間を減らせないだろうか」と王子は深く悩みます。
王子はある日当てもなく荒野を彷徨っていると、荒野に一軒の家があり、そこには一人の魔女が棲んでいました。
荒野の魔女と言えば魔女の中でもたいへんに美しく、そして恐ろしい存在です。動けなくなった人間を見つけては家に引き込み、夕餉にしてしまうと専らの噂です。
王子もその話は知っていましたが、若さゆえの向こう見ずというものはあるものです。貢物を貰うためにその家を訪ねました。

荒野の魔女は王子に自分を妻にしてするように求め、かわりに王子に沸き立つ一杯の霊薬を薦めました。
一口飲めば胸が空くような気分になり、二口で血が沸き立ち、三口目で皮膚が冷たく硬くなりました。
魔女はその身に何が起きたのかを教えるために王子をの暖炉に放り込み、火掻き棒でつつきましたが、王子の皮膚はなんともありません。
戦争が終われば迎えに来るといい置いて王子は丁寧に魔女の元を去りました。

三つ目の貢物を得た王子はその後、なんども戦に立ち、その多くを勝ち進めました。
鎧を引き裂く飛竜の爪さえ王子を傷つけることはできず、無数の矢も雨粒のように頬にはりつくだけでした。
頼もしいことこの上ない王子のおかげで多くの妖魔を退けることが叶ったのです。

父王もやがて歳を取り、王位を譲り渡すつもりでしたが、国を統べる証である剣にふれた途端、剣が歌い出します。
「いやよいやよ 魔物はいやよ」といわんばかりに鞘を鳴らし、引き抜かれることを拒み続けたのです。
そう、王子はもはや人ではない存在に成りはてていたのです。

すぐに王子はとらえられ、首を刎ねられることになりました。
しかし何本もの斧と剣は砕け、王剣でも骨まで立ち斬ることあたわず、火刑のさえも彼の皮膚を焼くことはできません。
王子は牢へととらえられ、牢への入り口は三人の魔女が用意した大きな岩で閉ざされました。
荒野の魔女は何時までたっても迎えにこない王子に業を煮やして迎えに行きましたが、いかな魔女でも一人では持ち上がりません。

さて、何年も何十年も経った今でも王子様は石の下に繋がれています。
夜に誰のものか判らない足跡がするのは、魔女が王子を封じた岩へ向かっているためです。
そんなときには外に出てはいけませんよ。




さて、この国は人の手にわたってからまだたった百年と少ししか経ってないのね。
だからまだ記憶が風化していないし、当時から生きている魔女も何人かいる。
もっと言えばこの事を知っている神様もいる。

これは建国宣言の前後、二代目の王になるはずだった王子様のお話ね。

まだこのころは西欧諸国ともまだ疎遠になりきってなかったと同時に、
沢山の妖魔の残党がいて国境線も安定していなかった。

王子様も例外なく戦地に狩り出されたわ。
というか、皆が皆戦わなくては、明日のねぐらのさえも手に入らなかった。

そのなかで王家は二つの選択をしたのよ。
一つは外なる神への助力を請うたこと。もう一つは魔女への助力を請うたこと。

蕃神たちの話は、ここではあまり触れないで、次の機会へ持ち越すとして、
ここで語られているのは魔女への助力の請う話ね。

まず一人目の魔女はマントを求めた。最低限の庇護、追求から身を隠す権利とそれを黙認する義務。
そして二人目の魔女は馬を求めた。これは領内を自由に通行する権限ね。

この二つのものを手にし、その対価として戦力を供給する事で、
魔女会の魔女は今のように黙認され、街中で静かに暮らしている。

三人目の魔女は…王権、ひいては主席祭祀者としての権限を渡すように迫った。
まあそうね、実際王族以上に蕃神との繋がりがあるし、王族以上に向いていたかもしれない。
けれどこれを拒んだ。正統な人間としての自負があったのでしょうね。
それでも、祠を任せる、祭祀を行う権限を与えることで魔女と王族両方の面目を保った。

最後に四人目…これは前の三人とは違う。
まず王子様は王命ではなく自分の独断で力を求めたの。
純粋な想いよね、賢い選択ではないけど。

そして、妖魔である彼女と姻戚関係を結ぶ、王族に引き入れるという契約のもとで上級妖魔に匹敵する恐るべき力を得た。
王子本人は、たぶん気づきもして居なかったか、それがどういうことなのか理解もしていなかったんでしょうね。

それに気づいた蕃神は、王子を泳がせ、残党狩りが終わった所で彼の無策を速やかに伝えた。
打倒した妖魔の領主にも等しい力をもち、妖魔と関係した王子は、そこで自分が何を犯したか気づいたのね。

決して抵抗せずに縛につき、自ら斬首を要求したの。
でも、なまなかな剣では彼の首に傷を付けることすらできなかったし、
情に曇った剣では王でさえ彼の首を落す事は叶わなかったの。

かくして英雄にしてこの国の最大の敵となった王子様は、永遠にこの国の地下に幽閉されることになった。

どこに幽閉されているかって?ちょっと、私には判らないわね。
おばば様たちなら知ってるけど、教えてくれないとおもうし…。


最後の足跡?子供に夜に外に出るなっていう脅し文句よ。
この四人目の魔女がいなくたって、時々妖魔が迷い込む土地だもの…夜外に出ていいのは、身回りくらいね。

だいたい、こんなところかしらね。
さあさ、ゆっくり寝なさいな。お話はおしまい。
PR
【2011/07/21 02:13 】 | おもに妄言 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<あのキャラたちどうなったの?というはなし。 | ホーム | 舞台情報:御狩場市>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>